受験シーズン到来

すっかり涼しくなりましたね。
二の宮教室 水野です

体育祭も終わり、いよいよ学校は受験ムード一色・・・。
あんな、フラッフラな息子が変わるのかしら~?
と思っていましたが、どうやら学校は学校祭を節目に一気に雰囲気が受験モードに変わったようです。
学校祭の最後でも「これで、3年生は受験に専念して」って言われていましたからねf^^;

息子とは違う中学校で働いている友達も、

これからの時期は、嫌だね・・。11月くらいから、もう生徒の顔が・・・、しんどいって文字が背中に見えて、見てる方がつらいわ困ったなぁという気持ち と

同じ受験生を持つお母さんたちも、久しぶりに顔を合わせると
「受験、嫌やね~」という言葉があいさつのようになっています言葉が出ない

頑張っているのに、結果が出ない・・。
何が間違っているのか分からない・・。

高校受験は一生の一大イベントであり、
これから始まる色々な困難の中の、超えないといけない最初の壁。

考えてみれば、辛かった高校受験も、その後にある色々な困難や色々な事で、今では霞んでしまっていますが。
社会に出ると、もっともーっと辛いことなんていくらだってありますよね

とはいえ、彼らにとっては人生初の立ちはだかる大きな壁。

運動部のように、身体を使ってエネルギーを発散させて戦うわけでも、文化部のように皆で同じ目標に向かうわけでもない。
ゴールを決めた、点を取ったで上がる、拍手も喝采もない。
ただ、机に向かって、問題を解く、覚える、地味な作業の繰り返しで、
思ったような結果がすぐに出るわけでもない。

誘惑に負けないで、気持ちを維持するって大人でもなかなか出来ないし、
加えて、結果がなかなか出ないと本人はもちろん、支える周りの人もつらいですよね・・。言葉が出ない

書いているだけで、気分が落ち込んできそうです

いやいや、そんなことを言っていてはダメ!
まずは、自分が元気がないと、支えられない!ニコニコ

とりあえずは、美味しいものを食べる時間、楽しく過ごす時間、自分を大切にする時間を作って、
自分の中に、プラスのエネルギーをいっぱい貯めて、笑顔で過ごそうと思いますおじぎする猫でさようなら